RIVOGUE

丸亀でメンズ脱毛・ひげ脱毛をお考えの方々は男性専門 RIVOGUEへ。メンズ脱毛と青ヒゲに関して記載しております。

青ヒゲの悩みを解消



青ヒゲの悩みを解消
青ヒゲの悩みを解消

ヒゲの悩みの中でも青ヒゲで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。深剃りしても青ヒゲになります。青ヒゲになってしまう原因と対策について説明していこうと思います。

青ヒゲの原因は?
青ヒゲの原因は?

青ヒゲは毛穴の中にあるヒゲがお肌から透けて見えるのが原因です。ヒゲの毛穴は他の体毛より深い位置にあります。深剃りをしても必ず毛穴の中にヒゲは残ってしまいます。顔の皮膚は体の皮膚よりも薄くなっているため、ヒゲが余計に透けて見えてしまいます。

青ヒゲの対策

青ヒゲの対策

①ヒゲの剃り方
電気シェーバーよりもカミソリの方が深剃りには向いています。カミソリは1枚刃のカミソリより多枚刃のカミソリを使ったほうがお肌への負担は少なくなり、深剃りにも向いています。剃る前は蒸しタオルなどで剃る部位を温めて毛を柔らかくし、毛穴を開かせます。そして髭剃り専用のシェービングフォームをつけて剃ってください。毛を柔らかくする成分が入っているものがオススメです。ヒゲを剃るタイミングは午前10時以降がオススメです。ヒゲは午前6時~10時の間、成長が活発になります。午前10時以降に剃った方が効果が長持ちします。しかし剃るだけなので効果としては低い方法です。カミソリで深剃りするので、肌トラブルも注意が必要な方法です。剃った後は必ず保湿してください。


脱毛クリーム
②脱毛クリーム
カミソリで剃るより少しだけ毛穴の中の毛にも効果があります。クリームを直接お肌に塗るので毛穴の中のヒゲにも少しだけ効果が出せます。脱毛クリームを塗るだけなので簡単にできる方法です。カミソリを使わないのでカミソリ負けはなくなりますが、脱毛クリームを塗って肌荒れを起こす方もいるので注意してください。

③毛抜きなどで抜く
抜いてしまえば毛穴から毛はなくなり、透けて見えることはありません。しかし抜く方法はオススメできません。毛を抜くことで毛穴に大きなダメージがあります。毛穴の炎症や埋もれ毛、次に生えてくるヒゲが強くなってしまう可能性があります。毛穴が化膿して悪化するとクリニックで切開しないといけないので、かなり危険な方法です。


日焼け
④日焼け
白いお肌だと毛穴の中のヒゲが余計に透けて見え、白いお肌と青ヒゲのギャップで青ヒゲが目立ちます。日焼けでお肌を黒くしてしまい、透けにくくさせてお肌と青ヒゲのギャップを少なくし、青ヒゲを目立たないようにする方法です。簡単にできる方法ですが、紫外線を浴びることで、シミやそばかすなどができる可能性が上がります。乾燥肌の原因にもなり、脱毛に通っている方は施術が受けられなくなることもあるので、注意が必要です。

⑤ファンデーションなど
ファンデーションやコンシーラーなどで青ヒゲを隠す方法です。いつでも簡単に青ヒゲを隠すことができ、お肌もキレイに見えます。注意点は、慣れない方が使用すると顔色が不自然になってしまう可能性があります。

メンズ脱毛
⑥脱毛
青ヒゲの対策として一番オススメです。脱毛は複数回通わないといけませんし、費用もかかります。しかし確実に青ヒゲをなくせる方法です。お肌のことを考えた施術を受けられ、施術後のアフターケアもしっかりしてくれます。クリニックではレーザーやニードルなどの医療脱毛がありますが、効果も費用も高いと言われています。脱毛サロンでは光脱毛が多く行われています。光脱毛も効果としては高い効果があり、費用も比較的リーズナブルな価格になっています。クリニックでの脱毛より痛みがかなり少ないので、痛くて通えないということはないと思います。脱毛は1回では終わらないので、しっかり通える方法を選ぶことが重要です。


まとめ

まとめ

青ヒゲを目立たなくさせる方法や隠してしまう方法はたくさんあります。
しかし一時的な対処法でしかありません。青ヒゲを解消するには脱毛しかありません。
青ヒゲでお悩みの方は是非RIVOGUEへ。